スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検の発表 Congratulations!!!

2009-07-22 (水)

今日から英検の合格発表が閲覧できるようになりました。

団体の方ですので、個人のほうは分からないですけど、

おそらくもう見られるようになっているでしょう。

英検スペシャルで教えた生徒、ダブル合格おめでとう。

面接の点数もすごく良かったですよ!!



普段から教えている小学生の生徒達、皆合格おめでとう!!



英検を通して、何か度胸試し、いや確固たるものを得たいと考えた大学受験生達

おめでとう!!!

ただ単に英検に合格するだけでなく、それを通して(特に2次対策)

英語で発信する、コミュニケーションをとる大切さ、面白さ、重要さに気づけて

Conratulations!
自分の意見、主張を述べるためには、練習、『ねた』集めが必要だと気づき目覚め、

前にもまして一生懸命読み、聴き、話し、尋ね、書くようになってきましたね。

その努力が必ず実を結ぶことでしょう。
早稲田の政治経済学部、早稲田の法学部、一橋、その他もろもろ、

もうすでにいわゆる[自由英作文]の『ねた』が増えてきましたね。

もちろん普段から、Logic/Rhetoricは鍛えてますからね。心配なし!!!

これからはどれだけ真摯になれるかです。

受験前にあわててちょろちょろ… なんてことは、夏の時点でもうおさらばですね。

Congratulations


英検の2次試験は、はっきり覚えているのは1級なのですが、

正直大変でしたね。(受かったときはやっぱりうれしかったですね。)

下手に英語ができてくると、つまりCritical thinking などが身についてくると

2分という時間では短すぎてどうしたらいいのか、分からなくなってしまうのです。

ああも言える、こうも言える、agree/disagree, pro/con とは言えない、Yes and No だ!

などなど…

しかし

さらにそこを超えると、発想の転換が生まれ、2分を有効に使えるようになります。

次のいわゆる質疑応答の4分間を含めて構成を考えるのです。

という、英検1級 話はまた後ほど。



ところで、ここでクイズです



“Congratulations!” にはなぜ、複数の ”s”を付けるのでしょうか?


分かった方、その他質問、その他励ましの言葉(よろしくお願いします)

等ある方は、ぜひコメント下さい。待っています



Language School ~航~では

英検対策講座を夏期にも開いています。2次試験まで責任を持って

お付き合いいたしますので、一緒にがんばりましょう





東京池袋の英語塾
〒171-0022
豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
03-3590-5056

英語のリズムをつかまえよう!!!

2009-07-17 (金)

夏期講習
Listening 対策+ 音を使った勉強法
の第1回が終わりました。

朝から夕方までだったので生徒は大変だったでしょうね。

でも、4月から、英語力そのものを磨くために音を使った勉強方(音読+α+αプラスアルファ)

を続けていますが、しっかりがんばってきたLanguage School ~航~の生徒達は

非常に伸びてきたなぁと思っています。

今度ブログをごらんの皆さんにもゆっくり紹介しますね。 (コツはありまっせ)

大学受験を控える生徒には特に、

英語のLogic(論理)Rhetoric(論の展開/相手をどう説得するか)

と合わせて、

しっかり音読できること(速く読むためにも、聞くためにも、話すためにも)を

訓練、修行、鍛錬してきました。

厳しいと思うこともあったでしょうけど、

僕としては、成長していく姿を(自分では実感できないかもしれませんが)身近で感じられて

非常に充実しているのでは、と思っています。



生徒の一人が

『先生にリズムを教えてもらわなかったら、どう聞いたらいいのか分からなかったス。

Alex(今日来てくれていました)の英語聞いていると本当にリズムどおりッスネ』

と出版社の人たち(後で詳しく書きますね)に言ってくれているのを聞いて、

うれしかったですね。

うちの生徒達は、ただ単に 「Listening」対策をするのではなく、

英語力の確固たる土台を築くために
英語を勉強には音を使うべきなんだ!!!

ということに気づいているはず。(そう信じているゾ)



これからも誰がなんと言おうと、

『目標』、『夢』、『意地』がある限り

『希望』(まさにhope)はあるハズだから、

しっかりがんばり続けよう!!!



と思った夏期講習第1弾 終了 報告でした





東京池袋の英語塾
〒171-0022
豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
03-3590-5056

『問題』っていつも英語でproblem? Part III ―完結編

2009-07-15 (水)

みなさん、こんにちは(こんばんは、おはようございます)。中山 航

そろそろ当塾 Language School ~航~ でも 

夏期講習の時期になってきたということで着々?と準備が進んでおります。

(本当は結構大変で、また睡眠時間を削って取り組む日々がやってきます。

  でも、充実していればがんばれます)

自信作を用意してお待ちしておりますので、

「お申し込みをしようがどうか迷っている」方、ぜひお早めに

あっ、そういえば、TOEFL/ TOEICの集中講座を9月の頭に行いたいと思っています。

決まり次第、HOME PAGE にUPしますのでご確認のうえ、ふるってご参加下さい



それでは、本題ですが(『問題』っていつも英語でproblem Part I, II 参照)

どこの世にもExpert (アクセントは頭/最初ですよ エクスパートゥ)がいるもので

同じクラウンストリート内で見つけたお姉さんにこの質問をぶつけてみました。(日本語でご覧下さい)

  【僕が日本から持ってきた「Play Station 2」は「NTSC」で

   あなたのお店で売っているの『game softwares』は『PAL』なんだけど

   使えるんですか?】

お姉さん: 無理よ。

僕:無理?

お姉さん:念のため、Alex(仮名)を呼んで聞いてみるわ。Alex!

Alex: それは、無理だ。「NTSC」の「プレイステーション」じゃあ、『PAL』の『software』は

   動かないなぁ(It doesn’t work. うまくいかないとき、何かが機能しないとき

           しょっちゅう、こう言います。覚えておくと便利ですよ)

僕: It’s a problem.

お姉さん:It’s not a problem.

僕:Yes. It’s a problem for me.

お姉さん:It’s not a probelm for you.

僕:(In my mind: あっそっか、どうしようもないことは、problemじゃないよな。

  このお姉さんの言う通りジャン。)

  No. It’s NOT a problem. It’s JUST an issue.

お姉さん:Right. (そうよ)It’s just an issue.



みなさん、わかりましたか?(何が?)

「どうしようもないこと」は『problem』 とは言えないんですよ。

『Problem』とは、Oxford大辞典によれば、

a matter or situation regarded as unwelcome or harmful and needing to be dealt with and overcome

   a matter or siotuation (問題や状況)

    regarded as unwelcome or harmful(歓迎されないとか害を及ぼすとみなされる)

    and needing to be dealt with and overcome (そして対処したり克服する必要のある)


僕の力では「NTSC」の「プレイステーション」で『PAL』の『software』を動かす(make them work)

できるわけがないのです。ですから、対処したり、克服したりする必要性、責任などないのです。

だから、お姉さんは、“あなたのせいじゃないのよ”(It’s not your fault. You’re not responsible for it.)

と言いたかったのでしょう。



ちなみに、According to Coubuild、(Cobuild 英英辞典によれば=Cobuild says)

An issue is an important subject that people are arguing about or discussing.

(issue とは 論じたり話し合ったりしている重要な話題、主題)

となります。



同じように問題といっても、problem とIssue分けるのですね。

一応、完結編としましたが、

Problem solving (問題解決)

to solve a problem (問題を解決する)

a solution to a problem (ある問題に対する解決策)

といったことは、後に触れることになるでしょう。



最後に、当時の写真を一枚入れておきましょう。Wollongongの海岸で、

ペリカンと戯れる爽やかな親子(自分で言うなぁ)の写真をどうぞ







東京池袋の英語塾
〒171-0022
豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
03-3590-5056

日本外国特派員協会にて―あのGUNDAMの富野由悠季に話を伺えた PART I

2009-07-07 (火)

今日7月7日はGary(ギャリー)さんに誘っていただいて

(ギャリーさんには生徒用のCDを吹き込んでもらったりしています。

   一方ではギャリーさんには日本語を教えてます―話す、聞くはできますので、主に読む、書くの方です。)

FCCJ: the Foreign Correspondents’ Club of Japan (日本外国特派員協会)にて行われた

Professional Luncheon(会は通訳の方がついて英語と日本語の半々でした)にて、

あのGundam、 ガンダム、高達(中国語ではこう書きます)の監督

富野由悠季氏に質問をして話をうかがうことができました



あの名だたる Wall Street Journal(ウォールストリートジャーナル)、

New York Times(ニューヨークタイムズ)、

日本の英字新聞で有名なJapan Times (ジャパンタイムズ)、

Daily Yomiuri(デイリー読売)の方々のあとで

この僕が堂々と(どさくさにまぎれて)質問をし、

しかも会場の爆笑(?!)を誘うことができました



詳しくは、後日ということで、ゆっくりご報告しています。お楽しみに!

僕とガンダムとの関係も後々書いてみたいなぁと思っています(読みたくなくても読んでください!)



もちろん  問題 についても必ず書きますのでお待ち下さい。それでは!





東京池袋の英語塾
〒171-0022
豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
03-3590-5056

『問題』っていつも英語でproblem? Part II

2009-07-06 (月)

皆さんは「NTSC方式」と『PAL方式』という言葉をご存知ですか?

これは、カラーテレビの送受信方式を示した言葉なのですが

(正直、メカニズムまでは知りません。)

「NTSC」が「アメリカ」や「日本」が採用しているもので、

『PAL』が『オーストラリア』など(ヨーロッパ系らしい)が採用しているものです。

この違い(gap/difference)が「日本」を離れ、『オーストラリア』で暮らすことになった僕たちには、

ちょっとした問題になったのでした。



オーストラリアは移民が多いためか、留学生が多いためか、

また、アジアなのか、ヨーロッパ圏なのかよく分からないためか、

はたまた、アメリカ合衆国から来る人も多いためか、よく分からないのですが、

テレビに関しては「NTSC」と『PAL』の両方が切り替えられるものがあります。

自分としては、どちらかにしてしまうのは恐かったので

そうした兼用のものを買いました。

でも、テレビ自体は、問題がなかったのです。テレビ自体(a television set itself)は…

それはテレビ自体の問題というよりもむしろ、

ゲーム機に関する問題でした。



長男の誕生日にゲームソフトを買ってあげようと思ったとき、

  あの事件は起こったのです…(事件というほどではない)

(この時点では、みなさんにはproblemかどうかは、わかりませんね。なぜならば…

the definition of “problem”=”problem”の定義は後で書きますね。

       早く、知りたいという人は、ぜひ英英辞典を引いてみてください!)



僕達が暮らしていたWoolongonという街にあるCrown Street Mallというショッピングモールにある

David Johns というデパートに、ゲーム機とソフトがあったのでそこのお兄さんに聞いてみたのです。

(英語ではdepartment storeと言いますから、気をつけてくださいね。

 青山学院の入試問題で、正誤判定問題として出しましたよ。受験生、注意してくださいね。)

僕:“Could I ask you a question about a game machine and software?”

「ゲーム機とソフトについて聞きたいんですけど?」

お兄さん: “Sure!.”

どう、説明したのか細かいことは、忘れてしまったんですが、とにかく、

  僕が日本から持ってきた「Play Station 2」は「NTSC」で

  あなたのお店で売っているの『game softwares』は『Pal』なんだけど

  使えるんですか?

と聞いてみたのです。

そうすると、そのお兄さんは、絶対的自信、過信、慢心、すっとぽけた様子で、

   No, worries. (心配いらないよ。) You can use them.

と言ったのです。

わぁ、その自信が怪しい!と思った僕は、Thank you.と答えて

息子の手を引っ張りその店を去ったのです。

(息子は、使えるって言ってんだから、買えばいいじゃん!という感じの顔をしていたのですが、

  僕としては、貴重なお金は無駄にできないだろう、パパは働いてないんだから、てな感じです)



もっと信頼できる(more reliable)、 いいお店はないかなと思って、

Crown Street Mall の中を歩いていると

見つけました。OTAKU (もう世界共通語になりつつあるらしい)が集いそうな、ゲーム屋サンを。

(コンピューター“おたく”は、

  a computer geek or a computer nerd などという表現をよく見かけますね)



そのお店にいた、Otakuなお姉さんとさらにOtakuなお兄さんを話したら、

理屈、理性だけでなく、感覚、感性で 問題という日本語を表す英語が分かりました。

それは、つまり、problem とissue の違いが実感できたということです。



おっと、時間が来てしまいました(何の)

続きは次回で書きます! それでは、また!!!





東京池袋の英語塾
〒171-0022
豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
03-3590-5056
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。