スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

2009-09-04 (金)

夏期講習の忙しさにかまけて?ブログを書けないでいました。
見に来てくれていた方、す見ませんでした。また今日からがんばって書きます

Language School ~航~ 第2回夏期講習もなんとかほぼ終わりました。
非常に成長が見受けられた生徒も多数いて、これからが楽しみです
ある生徒は、『模試で全学部(政経、教育、社学)B判定が出た』
『英語の偏差値は70を超えた』と喜んでいます。
(もちろん、まだまだできる!伸びる!と確信して謙虚にがんばっています)
その生徒は機会があればくわしく書きたいのですが、
出身高校(しかも中退)の進学者数が7人、日東駒専レヴェルに受かれば、
万々歳だそうです。
人間やる気になれば、よほどのことじゃない限り、努力次第で可能なのかもしれません。
そのためには、必ず
①目標設定 (『なぜがんばるのか』のもとです。WHY)をしっかりすること
②そこにたどり着くための手段・方法論(HOW)を間違えないこと
この2つが重要だと思います。
そして多少の無理はすること!!!
できることだけやって、自己満足で終わらせないようにしましょうね。
伸びていく人間は、「今の」自分よりもワンランク、ツーランク上のものを相手にするものです。
ある本にこんなことが書かれていました(Anthony Robbinsの“Awaken the Giant within” P129)
[T]he difinition of insanity is
“doing the same things over and over again and expecting different result.
(正気の沙汰ではないとは「ただ同じことを何度も繰り返して違う結果が出るのを期待することだ)
そうなんです。ただ何も考えず同じことを繰り返していたって、成長などしないのです。
ましてや周りのみなも同じようにがんばって成長していっていたら、
偏差値など変わるわけがないのです
(偏差値のメカニズムを知らない人は、きちんとした『大人』『先生』に聞いてくださいね)
イチロー選手は「毎日同じことの繰り返し」をただ何も考えずにしているから
「未来を創れる」訳ではないですよね。
プロであればあるほど、傍目には「同じことを繰り返している」ように見えて
each and every time(その都度その都度)目標を掲げ、変化を生み出していっているものです。
こういうふうに生徒の皆さんにがんばってもらえるように
授業をしているつもりです。
とても有意義な日々を過ごしていると思っています。
生徒の皆さん(父兄の皆さん) 感謝します。
感謝してるんだから、皆がんばれよ!!!
おっと口が大きく滑りましたね。
こんな?感じのわたくし、中山航と生徒達 に興味があり、
一緒に、絶対目標に達成するんだ という人は、ぜひ当塾にいらっしゃってください。
素敵な仲間 に出会えるはず
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。