スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れで留学だー!!

2009-07-02 (木)

そう言えば、この前唐突にオーストラリアの話をしてしまったのですが、

『問題』を英語でなんと言うのか説明する前に、

そのオーストラリアでの生活を紹介したいと思います。

(いやぁー、実は、どれか写真を載せようと思って見直していたら、懐かしくなりまして)





これは、僕がオーストラリアの地に降り立って初めて一仕事始めたときの1枚です。

いやー、この時はまだ始めたばかりだったからこんなににこやかですが、(にこやかに見えるだけです。)

この後1週間、正直ものすごく疲れ、初めて泣き言を言ったのではないでしょうか。。。。



部屋探し


僕は、家族で留学をしたので子供の通う学校や買い物に便利なほうが良いだろうと

大学の寮は予約せず(大学は山の上だったので)自分達で住む家をまず探したのです。



期限は1週間。


アコモ(ユースホテル)は、1週間しか予約をしていなかったのでその間に探さなければ

いけなかったのです。

でもそこには、



日本の家探しとは大きな違い


がいろいろとありました。

まず、不動産屋のシステムが違います。

日本では、不動産屋の人が物件まで案内してくれますが、向こうは基本、

デポジットを払って鍵を借りて自分で見に行くか、

何日に公開するから皆集合!とその物件に興味がある人たちが同じ日時に一斉に集まって内覧するのです。

おいおいマジっすか?!


こっちは、来たばかりでまずどこあたりが良いか分からない。

もちろん、そこまでたどり着けるかも自信ない。(もちろん、車もまだありません。)

だいたい、鍵は誰かが先に借りて見に行ってたら見に行けないし、

皆で一斉に見るのも1週間に1回とかだとまず時間がない。

おまけに僕は、仕事の都合で大学のオリエンテーションが始まるぎりぎりに着いたので

(ついて2日後には入学式+オリエンテーションという過密日程)

大学にも行かなければればならない。



万事休す


なんて思ってこの写真の5日後ぐらいには、アコモの管理人さんに

「家が決まらなかったらもう少し泊めてくれるかい?」なんてお願いしてました。



でも、最初は観光気分で地図を片手にバス待ちにこんな写真をカシャッとしてたんですね。

(本当は、子供の前では、大変そうな顔をしないと決めていたのです。親が不安がっていたら、子供は…ねぇ)

あっ、ここに写ってる頼りない木の柱がバス停です。

いやあ、こんな笑顔ですが1区画が何百メートルとあるし、ちょっとした山が多いので坂道が多く

物件まで1つ行き方間違うとエライ遠回り+激疲れになってしまいました。(もちろん、のちに車購入半年我慢したけど)

でもやっぱり子供もいる手前がんばりました。(ちなみにここには写ってませんが赤ちゃんもおります。)

懐かしい1枚です。

なんか、左に移っている次男がまだ3歳半で(うー、目が大きい)、おそらく環境の変化にすごく戸惑っていて

かわいそうに思えてしょうがなくて、『ごめんな』といいながら、2週間くらいずっと「抱っこ」して歩いてました。



まぁ、その後、アコモの真隣のflatの1室を借りることになるのですが、それはまた後日と言うことで。



ところで、ここまで書いてきたような、

『不快かもしれないし、大変かもしれないけど、がんばれば何とかなる、解決できる問題』を

『a problem』と言いますよね。(あっ、何とか強引につなげたぞ。続きは次回お楽しみに!)



留学に興味ある方、Language School ~航~ にぜひ遊びに来てください!



いわゆる「勉強」だけではない『いろいろな話』をしましょう!





東京池袋の英語塾
〒171-0022
豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
03-3590-5056
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。