スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんへ

このブログを見てくれている、しかも以前僕の英語の授業を受けてくれた人へ。

『また、会いましょう!

一生懸命、授業を受けていてくれた人、忘れていませんよ。

困ったことがあったりしたら是非会いに来て下さい。池袋の僕の塾に 』


色々諸事情がありますのでここでは、詳しいことはいえませんが(申し訳ありません)、

その代わりといっては何ですが、少しアドヴァイスをさせて下さい。

これから大変な時を迎える人もいるでしょうから。

☆長文を扱う際に、いつも生徒の皆さんに必ず伝えることです。

◎予習の仕方(授業の前にやれる限りやってみて下さい)
?まず時間を計って解答してみましょう。
? 以下の3点を順不同で構わないので確認してみましょう。
(1) 英文の構造:文型や修飾語(構造分析のプリントを使ってみて下さい)
         ・単熟語・構文を押さえる
(2) logic/rhetoric の確認: 文と文の関係・パラグラフとパラグラフの関係を捉える
(3) 解答の根拠をしっかり考えてみる

◎復習の仕方
? 授業で理解したと思ったところが本当に理解できているか確認してください

? 音読(サイトラ・ストレート) : 黙読 = 5 : 1 くらいで憶えるくらいまでtextsを繰
  り返し読み、「英語そのもの」も吸収しましょう。「音速を越えるゾ!と思ってがんばれ!」


これから受験生の皆さんが出会う文章はきっとレヴェルの高いものでしょう。皆さんのレヴェルが落ちたのではなく、扱っている文章のレヴェルが上がったのではないですか?だったら落ち着いて頑張ってみて下さい。

「問題を解く練習をしなくちゃ」と思ってやるのは構いませんが、試験だと思って解いて、すぐ授業を受けてうまくいきますか?試験だと思ってやると、夢中になっているせいもあって頭が真っ白なんてことはありませんか?ですから、時間を計って問題を解いてみたら、上記のように落ち着いて見直してみて下さい!必ず「自分でできたんだ!」と思えるようにやってみましょう。

『じっくりやる』のと「慌ててやる」のどちらかにする必要はないのです。同じ文章を扱う時にも、まず、「慌ててやってみる」。その後『じっくりやってみる』ということは可能なのですよ。

また、入試で出された問題は、分析しながら、繰り返し繰り返し『じっくりやり』、一方で洋書を手に(いくつかお薦めいいましたね。来たら、またいってあげますよ。)、いわゆる普通の本のように、読み進めるということができますね。(必ずしも「慌てる」必要はありませんが)


重要なのは、バランス ですよ。

急がば、回れ!

英語を通して学ぶ喜びを知った皆さんならできるはず!すでに、僕のところに来てくれている生徒達と、できれば、合流してみて下さい!待ってます。

Language School 代表
中山 航
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。