スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『わたし』が書いたブログについて

前回のブログでは、僕(中山 航)の赤裸裸?な事実がdisclose(disは『分離・分散・否定』+closeは『閉じる』→閉じられたものをバラバラにする→暴露する=ボキャビルがんばれ!)されてしまいました。確かに当時のぼくは(今も)、先に目標を口に出さなければ=表に出さなければ、実行できない(有言実行)ということが分かっていたので(まぁ、弱い人間だったということです。シクシク)、仲間内には、もう一度受験して、早稲田の政治経済学部の政治学科(なが~!)に入ると言っていました。周りの人間達は、僕が立教大学に、わりかしふつーに、通っているのを知っていましたし、一緒にカラオケ、ドライブ(激しいやつ)、合コン等一緒に行っていたので、『あいつ本当にもう一回受ける気あるのか?まぁあいつのこったから、受けるとは思うけど。じゃぁ受かるかどうかかけようぜ!』てなことがあったらしいと合格した後で聞きました。ある1人の人物(U君としよう)だけが、『航は受かる』とかけたそうです。(ということは残りは落ちると思っていたらしい)

彼(U君)とは小学校、中学校、高校、予備校と一緒だったので、俺のことを分かっていたのかな。(ただ単に大穴に賭けただけだったりして)正直勉強とは机の上でのみすることだとは思っていなかったし、ましてや、思考理解が受験では求められると思っていた(今でも!)ので、どこにいようと、頭を働かすことは出来るわけで。あとは『努力なんてものは、人に見せるものではない』し『自分で好きで、選んでやっていることは、努力と呼ぶつもりはなかった(今でもない!)』ので、誰になん言われようと関係なかったかな。内心では『今に見てろよ!』と思っていたはずだけど.... 今でもそうですが、周りに『なんだこいつ?』と思われた方が、おもしろいかなっ?だって、『なまいき』という感じを音ではなく、漢字にしてみて下さいよ。『生意気』。意(志)、気(持ち)が生きているんだよ。最高のほめことばじゃん!(書き言葉と話し言葉の関係は面白いですね。)

まぁ誰かが見ていなくても(でもきっと誰かが、あなたの努力を見たり感じたりしていると思いますよ!)、"努力”は報われると思いますし、そう信じています。あと、僕は、僕の姿を自分で見ていますから、たとえたまに揺るいだとしても、足下からガラガラ崩れることはないと思っています。

とりとめもなく書いていますが、忘れないように書いておくともう一度受けて受かるだろうという確信は、実はあったんですよね。これは、技術的・専門的なことです。(体調にはくれぐれも気をつけて。僕は体調管理で正直失敗しました) 多分これは、取りあえず、無意識のみで、何となく、文を読んだり、書いたりしている人には分からないことでしょう。僕は天才ではないので、無意識に、何となく、読んで、解答が正解なら良しとするなどということは、当時から出来ないのですよ。よく、大人で『考え過ぎだよ!だから間違えるんだ』なんて、人がいるけど、僕に言わせると『考え過ぎなどありえない!』となります。『考えて、考えて、考えた向こうに待っているものが、捕まえられるものが、ある』と確信していますから。

この『技術的・専門的なこと』は全てではないですが、論文にしてあるので読みたい人はご連絡下さい。(だいたい、英単語3000~3500語くらいだったと思います)ファイルにしてメールで送りますよ。
このブログでも日本語版ということで少しずつ書こうかな、と思います。

最近この話する気なかったんだよね。予備校講師になりたてのころはしていましたけど。その後の人生も、まぁ色々あったので。思い出させてくれてありがとう。と言っておきましょう。だって、これを読んだ人が少しでもいて、少しでも『そっかまだ俺にも/私にもまだやれることがある!』とか、『その手があったか!』と思ってくれる人が存在するとするならば、語った価値はあるというものでしょう。(昔はもっと大げさに言っていた気がするな)。

やすやす踏み台になる気はありませんが、今生徒の皆さん、今後生徒になる可能性がある皆さん、以前生徒で英語という面ではまた生徒になるみなさん、ぜひ僕のことをもっとうまく利用して下さいね。(友達には利用するなんて言っちゃいけませんよ) いくらでも出しますよ! 皆さんからのプレッシャーがエネルギー。 良きプレッシャーが良きエネルギー。 皆さんの力が/も僕にエネルギーをあたえているのですよ。

中山 航
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。