スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誓い

前回前々回に載せたリンカーンの言葉、


--------------------------------------------------------------------------------

You can fool all the people some of the time,

and some of the people all the time,


but you cannot fool all the people all the time.

--------------------------------------------------------------------------------

の日本語訳は


--------------------------------------------------------------------------------
全ての人を、一時期だますことはできる。

一部の人を、ずっとだますこともできる。


しかし全ての人をずっとだまし続けることはできない。


--------------------------------------------------------------------------------


という感じでしたが、皆さん覚えているでしょうか?


この言葉を聴いて、見て、
自分が教えるという仕事をしていてこういう風にならないように!!!

と改めて思いました。


昔思ったことがあるんです。

「ちゃんと本当のことを教えてくれればよかったのに...」

そうです。自分で勉強を進めていくと

教育上の説明(pedagogical instruction)

真実、あるいはそれに近い、科学的説明(scientific explanation)

の間には、大きな溝(gap)が存在することに気づくことも多いのです。


その『gap』を「受験だから」とか「受かればいいんだから」といってずっとごまかしていくと

それこそ、英語なんて「使えない」「分からない」が横行してしまうのでは?と思います。

せっかく、今は、英文の出典もきちんと書かれていることも多くなっているのですから、

もっとリアリティ

(欧米人―実際に英語を使っている人―も読んでいるんだぁ!!!ということ)

を感じながら受験勉強をすることも可能
なんじゃないでしょうか?



回りくどくなりました(beat around the bush)が、

この前書いたように、宣伝というものは、こういうところをうまく隠しているなぁ、

と思うんです。(経営としては鋭いのかも???)

これさえやれば大丈夫」と説明され(だまされ?)ただ、お決まりをやっていくのと、

これだけやったんだから大丈夫!!! 』と自分から思えるように指導されていくのでは

大違い!!でしょう。


大学生になろう!と心に誓った皆さん、

大学生になって何をしますか?

もしあなた方が、sceince(ここでは広義にとらえてください)の道に進むなら、

自ら、仮説を立て立証/実証していこうという道に進むなら、

安直に、こっちの言うこと聞いていれば大丈夫、などという言葉には耳を貸さないように

気をつけてくださいね。

不安だし、全てを預けてしまえばらくだ」と思うのも確かでしょうが、

だから、うまくいかないのでは?と自問してみてください。


もちろん、そういう問いかけを僕にぶつけてもらっても結構です。一緒に考えて見ましょう!

どうすれば、実行し、成功できるのか』を

大宣伝しているところが、まるで権威に見えるかもしれませんが、

アインシュタインの言葉を借りて少し抵抗してみましょう。

Unthinking respect for science

          is the greatest ememy of science.

(盲目的に権威を信じるのは科学の最大の敵である)



いつまでもだませると思うなよ、と。

僕自身はこれを常に忘れずに、進歩・進化していきたいと思っています。

(これは、大変なことを言ってしまったかも...ムンク)


まだ若いと思っている俺は、

 "Fake it till you make it"approach

でがんばるぜ!



さて、ここでクイズです。上に書いた "fake it till you make it" approach とは

どういうことでしょう?(答えは次回、かも)



それでは!!!

中山 航
スポンサーサイト

リンカーンの言葉 の 日本語訳 とお知らせ

前回載せたリンカーンの言葉、



You can fool all the people some of the time,

and some of the people all the time,

but you cannot fool all the people all the time.




の日本語訳を書いておくと


全ての人を、一時期だますことはできる。

一部の人を、ずっとだますこともできる。

しかし全ての人をずっとだまし続けることはできない。





という感じになると思いますが、

みなさん、感じがつかめていましたか?

1文目と2文目で all, some の位置(人と時間)が交換されているのがまず第1のポイント

3文目はどちらも all がついているところ(人にも時間にも)が第2のポイント

ちなみに fool は動詞で『ばかにする→だます』と言う感じですね。

こんなことに当てはまるできごとはありませんでしょうか?

一部の宣伝なんかはこんな気がしますね。ムンク


また、改めてこの話題については触れようと思います。



☆☆☆☆☆  お知らせ  ☆☆☆☆☆

3月13日から毎週土曜日、13:30~18:00

特別説明会と言うことで、

時間を空けてお待ちしておりますので

ぜひ足を運んでいただけるとうれしいですね。


大学生になって、

『よし、TOEFL, TOEICにTRYするぞ!』

とか


高校3年生になって

『よし、あの大学にいくぞ!』 絵馬

とか

大学受験はしたものの

『納得するまでがんばって勉強するぞ!、今度こそは必ず絵馬!』

とか

思っていらっしゃる方はぜひ話をしましょう!

詳しくは

http//:www.lswataru.com

をご覧下さい!

一緒に考えてみましょうか?

皆さんお久しぶりです。お元気ですか?

なかなか忙しくてブログを書けていない状態なのですが、

それでも見に来てくれる人がいるようなので何か良い考えはないかな?

ということで、考えました。(大したことではないのですが 困った

結構日々思うことがあったりするんですが、

それを与えてくれるきっかけになたっりする言葉、

何気に思っていたことを、はっきり気づかせてくれた言葉を

(なるべく英語にします。ムンク

とりあえず載せてみて、時間があるときに

その言葉について僕が思うこと感じることを書いてみようと思います。


今日の言葉は、リンカーン生誕200周年と言うこともかねて


You can fool all the people some of the time,

and some of the people all the time,

but you cannot fool all the people all the time.



確かにこのとおりだと思います。教えるという仕事についているので

いっそう気になるリンカーン大統領の言葉ですね。


ということで皆さんもこの表現について考えてみてください。

近々僕も発表しようと思います。テヘ★


Language School 航 代表

中山 航



続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。