スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんへ

このブログを見てくれている、しかも以前僕の英語の授業を受けてくれた人へ。

『また、会いましょう!

一生懸命、授業を受けていてくれた人、忘れていませんよ。

困ったことがあったりしたら是非会いに来て下さい。池袋の僕の塾に 』


色々諸事情がありますのでここでは、詳しいことはいえませんが(申し訳ありません)、

その代わりといっては何ですが、少しアドヴァイスをさせて下さい。

これから大変な時を迎える人もいるでしょうから。

☆長文を扱う際に、いつも生徒の皆さんに必ず伝えることです。

◎予習の仕方(授業の前にやれる限りやってみて下さい)
?まず時間を計って解答してみましょう。
? 以下の3点を順不同で構わないので確認してみましょう。
(1) 英文の構造:文型や修飾語(構造分析のプリントを使ってみて下さい)
         ・単熟語・構文を押さえる
(2) logic/rhetoric の確認: 文と文の関係・パラグラフとパラグラフの関係を捉える
(3) 解答の根拠をしっかり考えてみる

◎復習の仕方
? 授業で理解したと思ったところが本当に理解できているか確認してください

? 音読(サイトラ・ストレート) : 黙読 = 5 : 1 くらいで憶えるくらいまでtextsを繰
  り返し読み、「英語そのもの」も吸収しましょう。「音速を越えるゾ!と思ってがんばれ!」


これから受験生の皆さんが出会う文章はきっとレヴェルの高いものでしょう。皆さんのレヴェルが落ちたのではなく、扱っている文章のレヴェルが上がったのではないですか?だったら落ち着いて頑張ってみて下さい。

「問題を解く練習をしなくちゃ」と思ってやるのは構いませんが、試験だと思って解いて、すぐ授業を受けてうまくいきますか?試験だと思ってやると、夢中になっているせいもあって頭が真っ白なんてことはありませんか?ですから、時間を計って問題を解いてみたら、上記のように落ち着いて見直してみて下さい!必ず「自分でできたんだ!」と思えるようにやってみましょう。

『じっくりやる』のと「慌ててやる」のどちらかにする必要はないのです。同じ文章を扱う時にも、まず、「慌ててやってみる」。その後『じっくりやってみる』ということは可能なのですよ。

また、入試で出された問題は、分析しながら、繰り返し繰り返し『じっくりやり』、一方で洋書を手に(いくつかお薦めいいましたね。来たら、またいってあげますよ。)、いわゆる普通の本のように、読み進めるということができますね。(必ずしも「慌てる」必要はありませんが)


重要なのは、バランス ですよ。

急がば、回れ!

英語を通して学ぶ喜びを知った皆さんならできるはず!すでに、僕のところに来てくれている生徒達と、できれば、合流してみて下さい!待ってます。

Language School 代表
中山 航
スポンサーサイト

課程(process)と結果(result = whether to make it or not)

生徒の皆さんに、よく言うことがあるのですが、相談を受けているとこのように聞こえてくるときがあるのです。

『毎日素振りをしているんですが、うまくボールが蹴れません。』

言いたいことが分かってもらえるでしょうか? 僕からするとprocess(素振り=普通野球で使うバットですよね)と求めるresult(ボールをうまく蹴る=普通サッカーですよね)がずれていることが多いんです。ただ一方、こういう風に聞こえる人もいます。

『俺or私、毎日素振りをしてたら、うまくボールを蹴れるようになったよ!』

これはどう言うことでしょうか?
素振りとボールを蹴ることの共通項は、例えばなんでしょう?

そうです。たとえば、”足腰が鍛えられた” ということでしょう。

いわゆる結果オーライ(All right)でいいなら、後者もありでしょう。でも、これでは、”プロ”とは言えないし、“プロ”に近づいたのでしょうか?(もちろん、プロの方がわざと、普段鍛えない筋肉を鍛えるためとか、練習メニューの一部に違う競技を取り入れることもあるでしょう。ねらってやる場合には、こうした行為は、”プロ”と呼べると思います) 

また、多くの人はやはり前者になってしまうでしょう。つまり、process とresultがずれると不安になるものです。

これを解消するためには、まず、『求める結果=未来の姿』 をしっかり確認し(これを以外とやらない人が多い) それを得るためには 『どんな課程を踏むか』をまず考えなければならないでしょう。

ただ、これは 1人でやらなければならないでしょうか? 

そんなことはありません。プロの選手には、必ず、監督、コーチ、トレイナーがいるように、支えてくれる人がいるのは当然です。みんなチームです。

自分は、こうした プロとしての、プロのための、プロになりたい人のための トレイナーになりたいと思っています。より正確に言えば、mentorになりたいと思っています。『英語を通して何ができるか、何をしたいか』が主で、そのためには、『どんな英語を、どんなふうに学ぶか』、ときには、目的に左右されない『英語という言語そのもの』を確認しなければならないでしょう。

もし、共感してくれる方、興味を持った方は、

ぜひ、Language School ~航~ に足を運んでみて下さい。(右斜め下のリンクからどうぞお入り下さい)

9月12日は、大学受験向け講座 、Over the Top です。(2003年 北海道大学 ・2006年 慶応商学部を扱う予定です。) 18: 15分から、始めます。体験OKです。

9月13日(土)はTOEIC講座 と TOEFL講座の 体験授業を行います。是非いらして下さい!

Language School 代表      中山  航 



Over the Top を水曜日に追加します!

大学受験講座1の

▽▲▽   Over the Top への長文読解  ▲▽▲

を水曜日18:15(実際には18:30ごろスタートです)~9:30にも開講します!

これまで日程が合わなかった方もこれで、ぜひ! 受講して下さい!

とり急ぎご連絡までを! ということで明日(もう今日ですね)9月6日土曜日も

池袋の英語塾 ★☆ Language School~航~ ☆★の方に

私、代表、☆ 中山 航 ☆ はおりますので、いろいろな相談等含めてお越し下さい!

◎ TOEIC ◎ TOEFL  講座も最新版を近日中にUPしようと思っています。ご期待下さい!

Shatter the glass ceiling that is holding you back!

You've got so much power inside!

If you join us, you can make it.

WE CAN MAKE IT !!!

いよいよ2学期がんばりましょう! 

すっかり1ヶ月以上もブログを放っておいてしまいました。見に来てくれていた方、大変申し訳ありませんでした。懲りずにまた見に来て下さい!御願いします。

いよいよ夏のBig Eventsも終わりに近づき、来週からは2学期ということで、(TOEIC/TOEFLはそういう切り方とはまた違いますが)気持ちも新たに頑張っていこう!と思っています。

Over the Topの方がだいぶ集まって来たようなので,もしかしたら火曜か水曜の夜にも設置しようかとも思っています。ご要望等があれば、Language School ~航~のホームページのほう(右斜め下の方にリンクがあります)からお問い合わせ下さい。もっと英語やるぞ!とか、今のままでだいじょうぶだろうか?とか考えている人、是非いらして下さい。もちろんFoundationでしっかり英語の土台を、Topでももう少し基礎から長文を学ぶことも可能です。英語を通して学ぶすばらしさを体感してみて下さい!もちろん問題の作成の仕方もしっかりお教えしますので、ましてや問題を解くのは.......ましてや合格するのは..........もう分かりますね。まかしておいて下さい!

2学期からは、1学期よりも講座を充実させようと思っています。土曜日にTOEICの方を増やしたり、火曜か水曜の夜には、中学3年生向け(中高一貫で既に高校レヴェルを扱っている人orハイレヴェル校の受験をするために高校レヴェル以上を学びたい人)の講座も開設しようと考えています。

これで、小学校から大人への一本の『line』がさらにできあがるということで、こちらとしては充実した英語教育(英語を通しての教育)を、みなさんにとっては英語学習(英語をとおして様々なことを学習)していただけるのでは!と考えております。

さらに目標を高く、広く、深く取り組んでいこうと思います!一緒に頑張りましょう!


Language School ~航~   代表

中山 航
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。