スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月29日にセミナーを開催します!

詳しくは Language School ~航~  ホームページで!(右斜め下にリンクあります)

時間がある方、お近くの方ははどうぞいらして下さい。
スポンサーサイト

夏期講習 第1弾  『もう一度Over the top』 編修完了!

夏期講習 第1弾  『もう一度Over the top』 編修完了しました。

題材は

2001年 立教大学 経済学部
2003年 早稲田大学 政治経済学部
2002年 京都大学 
2002年 慶応大学 理工学部
2000年 慶応大学 法学部
2007年 早稲田大学 商学部
2002年 慶応大学 文学部
2002年 上智大学 外国語・法

+シークレット(予定) ー  食玩みたい

を使います。 logic(論理)とrhetoric(論の展開、相手をどう説得するか)の習得・獲得という観点から選びました。

受講する皆さん、おっ楽しみに! (テキストと授業と皆さんを合わせて超自信作です)

これを楽しみながら(苦しみながら?)、感動しながら、乗り越えていきましょう。


受けるかどうか、迷っている皆さん、たまたま、このブログを読んでしまった皆さん、残り座席後わずかですよ。(正直、開校初年度、始めての夏期講習で心配でしたが、よく集まってくれました!ありがとう。いっしょにがんばろう!払ったお金以上の価値、いやだといっても持って帰ってもらいます!)

ぜひどうぞ!

その他の大学受験用の講座、また、TOEIC も TOEFL  も夏期集中特訓やりますので

ぜひ    Language School ~航~    の ホームページに飛んで下さい! 

あっ、右斜め下にリンクが!(今、macを使っていて、文字が反転しないんで、URL書いてもダメなんです)

「試験のプレッシャー・合格へのプレッシャー」はすべて消えなくても、

『英語のプレシャー・勉強のプレッシャー』は決して見せましょう!

一緒にやれば大丈夫! がんばりましょう!  Go for it! Hang in there! Keep at it!

TOEICのスコアー

この前の金曜日に5月25日に受けたTOEICのスコアーが送られてきました。

リスニングはリヴェンジしました。◆ 495点 ー フルスコアーです。

リーディングは....... ◆ 485点........... 間違えてしまいました。(リーディングもうちょいで満点男になってしまいました)

★ TOTAL: 980 ★

ということで後一歩というところでしたね。TOEIC一筋ではないとは言え、いや、TOEIC一筋ではないからこそ満点を取りかったですね。

取りかったですね? 次とれば良いじゃん! 

ということで次は、7月は受けることが出来ないので、9月ですね。まぁ、Reading は前回495とっているのでまたとれば言いでしょう。今回Listeningは495とれたのでこれもまたとればいいでしょう。

合わせて990いけるでしょう。いや、いきますよ!

ということで、Academic Englishを中心に扱っていても(TOEFLや大学受験 ー 大学受験はもう
Academic Englishに片足以上突っ込んでいるんですよ!)TOEICはいけます。

    ☆☆   TOEIC 夏期特訓 (TOEFLもありますよ!) ☆☆

未だ少し早いですけど、9月14日に向けて一緒に取り組みませんか? どうせなら土曜日に現在もTOEIC講座やっていますので、無料体験、英語学習のカウンセリングにきてみませんか?

右下のリンクから  

       Language School ~航~

                    のホームページに飛んでみて下さい! 

☆★ 6月29日、日曜日、『セミナー』★☆ やるので是非来て下さい!(あまり脈絡なし)

あと、その他、▲▽ 大学受験/英検 向けの夏期講習 ▼△ を受けてみようかどうしようか、迷っている方、まずは、

体験授業にどうぞ!

塾を開いてから、受験生の方、英語学習者の方、と色々話が出来てうれしいかぎりです。『人生相談なんだけど、いいですか?』 良いに決まってるじゃないですか!人に頼りにされること、頼りにされていると感じられることは、大変幸せなことじゃないですか!

もっと頼りにされるよう、つまり、人間として成長できるようこれからもがんばって行こうと思います!きっと成長したあなた達の力を借りることが(もう既に借りている人 ー いつもありがとう!)あるでしょう。

お互い頼り頼られ、いや、協力することでもっと大きなことをしていきましょう!いつでも前向きに!
少なくとも表に出る時は前向きでいられるように、しっかり準備して行きましょう!(うわ、夏期の準備が.......、けっこう、やっているかな? いずれにせよ、受ける人お楽しみに!あ、夏期講習 『講座1 もう一度"Over the Top"』はもうすでに結構集まっているので、迷っている方お早めに!)


英語学習(言語習得)についてのヒント

皆さん、元気ですか? 中山 航です。

今日は、少し専門的なところから、英語学習(言語習得)についてお話をしたいと思います。

オーストラリアのTESOL(Teaching English of ohter speakers)では、教える技術だけでなく、(何を履修するかによりますが)linguistics (言語学)からいかに応用するかということも重視します。僕もどちらかといえば、教え方、教え方という前に、『何を、どのように、どんな目的の為に、英語を学習あるいは身に付けるのか』ということを重視します。そのため、『英語という言語とはどんなものか』、『どのように取り組んでいくと、自分の求める"英語"が身に付くのか』ということをよく研究します。そうしないと教えるという行為が、詭弁になってしまう恐れがあるからです。簡単に言えば、中身がない、出来る限り直接未来につながらないものをいくらうまく教えても意味がないということです。

ちょっと小難しいことを言ってしまいましたが、『難しいこと(受験もTOEFLもTOEICも英検も)』に挑戦したい人は『自分にとって難しいこと』から目をそらしてはいけないわけで。むしろ立ち向かって行かなければいけないわけです。というわけで、私が注目する理論は"ZPD=Zone of Proximal Development"というものです。これは、Cognitive psycology(認知心理学)の流れからくるもので本来、子どもの成長に注目したものです。『同じことをしているのに、子供によって成長の仕方が著しく違うのはなぜだろうか?』ということに対する一つの答えです。

この"ZPD"は言語の習得はもちろん、大人の学習にも応用できることが分かっています。

他の人より、もっと成長したい人は以下の3つを心がけましょう。

(1)Communication をこころがけること。

     "co"というのは『共に、合わせて、全体』を表す接頭辞ですね。(メルマガ見てね!)人と人が互いにやり取りをするのが重要ということです。(話し言葉であれ、書き言葉であれ)

(2)同じような立場の相手とだけでなく、自分より上のレヴェルの人間と関わること。

      ここには、解説してもらうとか、教えてもらうということだけでなく、模範をみるということも含まれますね。

(3)イメージとして『精一杯手を伸ばす』こと。

       自分が収める範囲のことを、無理せずに取り組んでいるだけでは、大きく成長しません。もち ろん、自信を失って、気が弱くなっている時は、ちょこちょこやるのもいいでしょう。しかし、もっと大きく、もっと遠くへ!という姿勢がないと著しい成長というものは得られません。

この3つを合わせて学習は考えてみて下さい。あなたの周りには、一生懸命手を伸ばす皆さんに、『よし、俺がいるから、手をもっと伸ばしてごらん!』と答えてくれる人はいますか?(僕のイメージでは、『はじめの一歩』というまんがの『一歩』選手と『鴨川』会長の関係です。ちょっと、普通からしたら行き過ぎかも.... でも、『一歩』がすっごく成長して行く姿に感動する人も多いのでは?)

『自分には未だ難しいのでは』他人・一般が思うようなことを、『既にその域に達した、あるいは、到達の仕方を知っている人』と『共に取り組んで行く』ということができると、『同じことをしているはずなのに成長の仕方がまるで違うぞ!』という現象が起こるのですね。

そこで僕は、生徒の皆さんにとって(2)に出てきた用な人物(鴨川会長みたいな人!ただ、勉強ってプロセスも楽しいので、厳しさだけじゃなく、喜怒哀楽全て出したい)になりたいし、(2)のような人物って世界を見渡せば(本の著者も含む)たくさんいるわけで、そういう人物と皆が "Communicate"できるように手助けするのが僕の役目だと思っています!

僕は、覚悟を決めてがんばりますから、皆さんも覚悟を決めて、是非、Language School~航~の夏期講習・夏期集中特訓の方を受けて頂きたいと思います。(リンクからとんでみてください)

でも、言っておきたいのは、『覚悟を決めてやる』と『成功は近くなる』し『喜怒哀楽がみんな出て』 『すごく楽しい充実した時間が過ごせる!』ということです。しかも『覚悟を決めてやる』人の表情というのはすごく生き生きして素敵なので、そんな表情を見せに(僕も見せてみよう!)、ぜひ南池袋の方にいらして下さい。

『わたし』が書いたブログについて

前回のブログでは、僕(中山 航)の赤裸裸?な事実がdisclose(disは『分離・分散・否定』+closeは『閉じる』→閉じられたものをバラバラにする→暴露する=ボキャビルがんばれ!)されてしまいました。確かに当時のぼくは(今も)、先に目標を口に出さなければ=表に出さなければ、実行できない(有言実行)ということが分かっていたので(まぁ、弱い人間だったということです。シクシク)、仲間内には、もう一度受験して、早稲田の政治経済学部の政治学科(なが~!)に入ると言っていました。周りの人間達は、僕が立教大学に、わりかしふつーに、通っているのを知っていましたし、一緒にカラオケ、ドライブ(激しいやつ)、合コン等一緒に行っていたので、『あいつ本当にもう一回受ける気あるのか?まぁあいつのこったから、受けるとは思うけど。じゃぁ受かるかどうかかけようぜ!』てなことがあったらしいと合格した後で聞きました。ある1人の人物(U君としよう)だけが、『航は受かる』とかけたそうです。(ということは残りは落ちると思っていたらしい)

彼(U君)とは小学校、中学校、高校、予備校と一緒だったので、俺のことを分かっていたのかな。(ただ単に大穴に賭けただけだったりして)正直勉強とは机の上でのみすることだとは思っていなかったし、ましてや、思考理解が受験では求められると思っていた(今でも!)ので、どこにいようと、頭を働かすことは出来るわけで。あとは『努力なんてものは、人に見せるものではない』し『自分で好きで、選んでやっていることは、努力と呼ぶつもりはなかった(今でもない!)』ので、誰になん言われようと関係なかったかな。内心では『今に見てろよ!』と思っていたはずだけど.... 今でもそうですが、周りに『なんだこいつ?』と思われた方が、おもしろいかなっ?だって、『なまいき』という感じを音ではなく、漢字にしてみて下さいよ。『生意気』。意(志)、気(持ち)が生きているんだよ。最高のほめことばじゃん!(書き言葉と話し言葉の関係は面白いですね。)

まぁ誰かが見ていなくても(でもきっと誰かが、あなたの努力を見たり感じたりしていると思いますよ!)、"努力”は報われると思いますし、そう信じています。あと、僕は、僕の姿を自分で見ていますから、たとえたまに揺るいだとしても、足下からガラガラ崩れることはないと思っています。

とりとめもなく書いていますが、忘れないように書いておくともう一度受けて受かるだろうという確信は、実はあったんですよね。これは、技術的・専門的なことです。(体調にはくれぐれも気をつけて。僕は体調管理で正直失敗しました) 多分これは、取りあえず、無意識のみで、何となく、文を読んだり、書いたりしている人には分からないことでしょう。僕は天才ではないので、無意識に、何となく、読んで、解答が正解なら良しとするなどということは、当時から出来ないのですよ。よく、大人で『考え過ぎだよ!だから間違えるんだ』なんて、人がいるけど、僕に言わせると『考え過ぎなどありえない!』となります。『考えて、考えて、考えた向こうに待っているものが、捕まえられるものが、ある』と確信していますから。

この『技術的・専門的なこと』は全てではないですが、論文にしてあるので読みたい人はご連絡下さい。(だいたい、英単語3000~3500語くらいだったと思います)ファイルにしてメールで送りますよ。
このブログでも日本語版ということで少しずつ書こうかな、と思います。

最近この話する気なかったんだよね。予備校講師になりたてのころはしていましたけど。その後の人生も、まぁ色々あったので。思い出させてくれてありがとう。と言っておきましょう。だって、これを読んだ人が少しでもいて、少しでも『そっかまだ俺にも/私にもまだやれることがある!』とか、『その手があったか!』と思ってくれる人が存在するとするならば、語った価値はあるというものでしょう。(昔はもっと大げさに言っていた気がするな)。

やすやす踏み台になる気はありませんが、今生徒の皆さん、今後生徒になる可能性がある皆さん、以前生徒で英語という面ではまた生徒になるみなさん、ぜひ僕のことをもっとうまく利用して下さいね。(友達には利用するなんて言っちゃいけませんよ) いくらでも出しますよ! 皆さんからのプレッシャーがエネルギー。 良きプレッシャーが良きエネルギー。 皆さんの力が/も僕にエネルギーをあたえているのですよ。

中山 航
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。