スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Domain 奪還!? 復活 lswataru.com!

今週、水曜日朝にDomain: lswataru.comを奪還!?することに成功しました。サーバーには45日待てと言われましたが(直接管轄しているのではないそうです。)、7日かからずにです。最初の3日は妻の執念?により(ご相談に乗って下さったみなさんありがとうございました)、どこが管轄しているのかを調べ上げ、僕がMelbourneにemailを送り、一応2日待って(オーストラリアは未だに電話好き)も、連絡なしということで、火曜日の(いや厳密には水曜日の)午前2時30分に国際電話をかけました.......... to be continued.

続きはまた、後日。(すいません、結構仕事があるんです。)

ホームページを見ようとして見られなかった方、本当に失礼致しました。近日、さらにRenewalされ、power up!する予定なので、またご覧下さい。
スポンサーサイト

緊急事態!?

池袋から歩いて5分の英語塾 Language School~航~ の代表 中山 航です

前にブログで無料メルマガ、ホームページからなんて言っといて(書いといて)実は、今ホームページが見られないという不測の事態になっているのです。すぐに復旧することを願っています。と、願っているだけではしょうがないので、緊急措置として

URL:http://1stgeocities.jp/lswataru

で一部機能(問い合わせ、申し込み)が使えませんが(大変ご迷惑をかけております)、メルマガは取得できるようになっていますし、内容を見ることが出来るようになっています。上記のHPの左上、あるいは右上から入れます。あっ、今気づいたのですが、リンクに入れておきますので、このブログの右斜め下から直に繋がると思います。タイトルは「理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方」となっています。

ホームページを見て、塾まで来てねといってしまった、新大学生の2人組、ホームページからメルマガ登録してねといってしまった高校生たち、届かないかもしれないけど、もう一度言います。ごめんなさい。アドレス入れて開かないときのあの不快感は僕にも分かりますので、その他皆さん本当にすみません。

そろそろ4月も半ばです。ある程度落ち着いてきて、さらに勉強できるかも!とか一大奮起してがんばるぞ!と思ったらそれはチャンスです。やる前から無理とかいわず、(皆さんは言いませんね)不測の事態にも絶対負けず、(俺も負けるか!HPが見えない!と気づいた昨日の午前2時半はかなりあせりましたが)発想の転換、切り替えを忘れずにやっていきましょう。お手伝いしますよ!全力で!

なお問い合わせはさしあたってはkeiraview1227@yahoo.co.jpでお願いします。

いいこと 悪いこと

唐突ですが、僕が書いているメールマガジンの読者登録数が、一週間で60を超えました。この数字が何を表すのかイマイチ分かりませんが、目立った宣伝活動をしていない割には(地味なことはする)増えたかなと思います。実際には、今日のまぐまぐの定期的に送られてくるメールに少し宣伝が載っているので(頼んだわけではない、もっちろん、うれしいですよ、宣伝されるの)それを見ていただいたんでしょうか?いずれにせよ、大学入試をする人から、TOEIC,TOEFL,英検まで、いやいや英語を勉強したい!と思っている人すべてに役立つように気合入れて今後も書いていきます!(フォーマットをまだ活かしきれていないので、見ずらいかもしれません。その場合はご指摘お願いします)

僕の塾のホームページの左上、あるいは、真ん中からすぐに登録できるのでもし興味がある方は登録してください!もちろん、無料です。

URL:http://www.lswataru.com


話題は変わりますが、きっと今まで書いたことがまぁいいことなんだろうな、と思ったみなさん、正解です。ということで、悪いことなんですが、今日TOEIC(3/23)のスコアがネット上から確認できました。
Readingは予想通り495点満点でした。(自慢スンナよ!いいことじゃないかよ!と突っ込まれるかもしれませんが、私、英語で、召し食ってる、いやいや、食事をしているんです)一方、今回のListeningは........先に言い訳をさせてください(いや、しちゃだめだ!)
やっぱりすると、2,3月は塾を開校するので、ばたばた、ばたばた、ばたばた、忙しくて、あまり対策が出来なかった(といっても普通の人より英語に触れているのでしょうが)。もっと、問題だったのが、僕は正直、ひどい鼻炎もちで、ちょうど試験の頃鼻がやられて、右耳がふさがっていたのです(分かる人分かってください)。集中力、ヨウトウムラマサのように研ぎ澄まさないといけなくなり、案の定、そんな集中力は続かないわけでちょっと間違えてしまいました...ちくしょう!もう言い訳は止めだ!次は両方完璧に満点取ってやるというわけで、そんな体調でも(readingに耳は関係ない!とつっこんどいてください)Reading は満点なので、(英検一級などもReadingはまず満点、listeningも説明文のところは、まぁ満点。そう、論理的に考えられればいいところは、ちょっとボーとしていて、聞き逃しても何とかなります。) TOEIC,TOEFL,英検のReading満点の取り方教えます!とは声を大にして言いたいですね!(ただでは、転ばないぞ!前半に載せたホームページアドレスからどうぞ)

そして次からは、LISTENING満点の取り方教えます!て、書くぞ!(模試みたいなやつだと、そんな間違えないのに....TOEICのListeningて本当に全問応えられなくても495点でるのに....もう言い訳なし!しつこいぞ、俺!)

やっぱり「試験じゃ本当の力は測れない」なんて言うのは、Full mark 取っちゃう人に言われたいでしょう!

新しいスタートを切る大学生のみなさんへ

4月も半ばということで、新しいスタートを切った、あるいは切ろうとしている人もたくさんいるんでしょうね。決意も新たにがんばろう!という人も多いでしょう。ただ逆に、何をやったらいいかわからなくて、ついつい人任せ、流れに任せてしまっている人はいませんか?

僕は、長いこと予備校講師をしてきて、毎年4月になると新たに大学受験をしよう!という人を迎えるため、ついつい送り出した、つまり、大学生となった人たちに会ったり、連絡をとったりすることがこれまであまりありませんでした。でも、実際はものすごく気になっていたりします。がんばって勉強を続けてくれているかな?(机に向かってやることだけじゃないですよ)。いろいろな面で成長しているかな?とか。

自分のことを振り返ると決して、大学での勉強をしっかりしたわけではないんです。むしろ、あまり大学には行かなかった。事実、半年留年しましたし(早稲田の政治経済学部には、半年留年という制度があった。今はどうなのか知りません)。ただそれでも、自分で夢中になったことは、結構真剣にやったつもりです。塾でのバイト。車を乗り回す。(FFでは最速コーナリングを目指したり、タックインから、けつを流したり、直ドリしたり)などなど、などなど。結構お金をかせいで、使ってましたね。

何を書いているのか分からなくなりましたが、一つ言えるのは、大学時代が最高到達点ではないということでしょうか、今「振り返って」と書きましたが、当時の自分は、雑魚レヴェルだなということだけは分かります。無知ゆえの切れはあったかなとは思いますが、実力不足過ぎます。逆に言えば、今、いろいろ経験して、昔より成長したんだなと思います。(まだまだ、これからもっと成長するぞ!)

僕が偉そうにいえることではないのでしょうが、大学生の皆さん、振り返ったときに「あの頃の僕は、私は、すごかった」なんて、言わなくてすむ人生を送ってください!(俺もがんばろう!)いくらでも、伸びる余地はありますよ!(俺も伸びよう!)同じようなことを続けていると、もう自分は、伸びないのでは?と思ったりするときもあるでしょうが、そういうときは、上を見て、ワンランク、ツーランク上と思える人がいる世界に、飛び込んでみましょう!同級生や直近の先輩にだけ触れるのもいいかもしれませんが、それじゃあ、中高生と変わらないジャン!

ということで無理やりですが、僕の授業を受けたことがある皆さん!ぜひ、池袋の塾に遊びに来てね。(よく、話すと緊張するとか、他の講師によれば、僕のことを生徒は、柱の影から見ている感じらしいんですが、それは、予備校で会うからですよ)成長した、あるいは、成長しようとする姿を見せてください。できれば、僕に。、プレッシャーと希望の両方を与えに。





英語塾の開校と経済

1年3ヶ月前にむしょうに気になった本があった。川越の紀伊国屋で僕の眼に飛び込んできていたのだった。その日は、見てみぬふりをしながら...と思ったが、とりあえず手にとってパラパラ(踊ったわけではない)。大体気になるとすぐに買うのだが、その日はなぜか無視して仕事場へ(冬期講習だった)向かった。仕事が終わるとあの本が、白地にブルーメタリックのあの本が、気になって仕方なかった。

幸いにして次の日も講習は川越だったので、移動の際に速攻で紀伊国屋へ。あったあの本だ。その名は“The World is Flat.” かの昔の“The Earth is Flat.”というMythと引っ掛けているらしい。(その後、地球が丸いと気づき。、“The Earth is round.” “Globe”という概念が定着する。)飛行機で地球の裏側に飛べば、まだまだ、ぐるっと回る気がするんだろうな。でも、ネットをはじめとする世界で飛べば、ぐるっとしなくても、スパッとストレートにたどり着けるじゃん!だから、今の世の中は、“The World is Flat.”なのだ。

この本では、この変わり行く現代社会を描いてくれていた。どのような経済活動が行われているのか知らせてくれていた。そう、自分はリアルな経済の世界を避けていたのだ。自らどう道を切り開いていくのか、切り開いていく人がいる一方で。雇われて、不当な扱いをされると、嘆いたり怒ったりしているだけの自分がいた。努力をしているつもりでも、現実から眼をそらそうとする自分がいた。だから、あの本を避けようとしたのだろう。でも機は熟していたのだ!

その後、その他の本も読み(“Think and Grow RIch”や“Rich Dad Poor Dad”などは、皆さんご存知でしょう。おすすめかも)再確認したのは、ついつい、私たちは、1:1を求めてしまう。1の仕事に対して1の報酬を求めてしまう。でも、本当は1:10, 20, 30......にしたいはず!なら、一見1:0、1:-10、-20-30...のことをしなければならないはず!(だから無料メイルマガジンも始めた、続けるぞ!)

ということで、jobだけでなく、businessもしなければ!と思い立ち、小さいながらも塾を立ち上げよう!と思ったのです。中身で言えば、学術路線の大学受験/TOEFLビジネス路線のTOEICの合体だ!長男も10歳、4男も生まれ、(またかよ、て言わないで下さい)僕は、心から思った、何か残さなければ。お金だけじゃない!(お金はほしいぞ!)、生き方を!あまり教わる機会がなかった世の中の経済の仕組みを!妻との約束も果たさなければ!(内緒)

白地にメタリックブルーのこの本(改訂版は、白地にメタリックレッド)は僕の塾においてあります。(文中に出てきた本やその他もろもろも)。興味がある方は、どうぞ、見に、読みに、来てください。いろいろ情報交換しましょう!

受験と英語

たまぁに眼にしたり耳にしたりするのが、いわゆる社会人になった人の言葉で、受験英語と実用英語との違いを語っているものがありますが、受験勉強における英語を否定するものもいまだに多いようです。正直、実用といっても幅広いもので、学術論文を読んだり書いたりするのか、ビジネスで使うのか、(一概に論文、ビジネスといっても幅広いわけで、皆さんは、自分の専門外のことを正確に日本語で理解したり、伝えたり出来ますか?僕は出来ません。ただし可能性はあるといっておきましょう。)、とりあえず何とか英語圏で暮らせることなのか、よく分かりませんよね。ただ単にTOEICの点数が低いから、受験勉強の意味はないのでしょうか?そんなことはないと思います。

だいたい大学受験に関していえば、大学に行くにあたっての試験なわけで、路線としては、学術の英語ということになるでしょう。一般的な学術の英語を測る試験で有名なのが、TOEFLですが、むしろ、受験生、大学生は、この試験で低い点数を取ったときに嘆くべきでしょう。

しかし面白いのは、TOEICもTOEFLも作っているETSは、TOEFLとTOEICの点数の相関性を発表していて(計算の仕方がある)、TOEFLで満点を取るとTOEICの満点以上の点数になるのです。
つまり、TOEFLの方が明らかにレヴェルが高い、点数の取りづらいテストであるのです。僕がオーストラリアの大学院留学前(4年前のTOEFLのスコア - 満点ではない - を換算しても、1020点を超える -TOEICの満点は990点である)。TOEFLにまともに立ち向かえる人は、TOEICはそれほど難しい試験ではないと思います。(路線の違いがあっても)。ですから、本屋で見かける、留学しないでTOEIC満点という本に興味はそそられません。(990点を獲得された方の努力はまったく否定しません。それどころか賞賛に値しますが)

実際に予備校講師として、大学受験の過去問を扱っていますが、けっして難関大学で出す英文は
TOEFLに出されるものと比べて簡単ではなく、(今年も、生徒に読んだほうがいいよといっておいた洋書から問題を出している大学が結構ありましたね。)もし、大学入試で出される英文を試験に落ちるか受かるという視点だけでなく、もっと多角的に(multi-angle method と私は、考えています。いわゆる長文の理解に関して言えば、triple-angle method とでもいいましょうか)、未来を見つめながら勉強していけば、相当の英語力が望めるはずです。実際、私は受験時代とそれほど大差ないやり方で、TOEFLのスコアもCBTで270超えしました(もう4年も経つんだなぁ、正直今のほうがもっと取れる自信ありますよ。まぁ、見ててください)し、論文を書いても大変高い評価を得ました(非常にしんどいときもありましたが)。もちろん、オーストラリアで生活するために、家族5人の暮らす部屋も借りましたし、電気、ガス、水道、車、医者等、等の手続き類もやりました。しゃべる、読む、書く、聞く、そりゃもう全部span>(こんなの、僕は日本ではやりませんよ。嫁さんがやってくれていたんだから!)

こうしたことを伝えたくて、僕は長男が10歳を迎える(もう実は迎えたんです。4月6日が誕生日、おめでとう!)2008年、4男が生まれた2008年(1月7日が誕生日、僕の誕生日が1月1日 -そんなのかんけいねぇーて言わないでね)に Language School ~航~をスタートさせました。ちょっともう予備校で、全てを達成するのは無理かな。僕のやりたいことは幅が広いでしょうから。そういえば、オーストラリアのCOLLEGEでおしえているときのSuperviserのロージーさんにもよく、“Wataru,you‘re too ambitious!て、よくほめられ?たなぁ。

よりも青しそれが僕の教育上のモットーです。僕が教える生徒の皆さん(もちろん、息子たちも!)が僕と同じ年には、同じ分野でも僕以上の力を持っていてほしい。でもそう簡単には抜かれないぞー

実際に、これから先、楽しく、しかも、困難にも立ち向かえる、乗り越えられる力を身につけるために、
いっしょに、英語を通して、勉強していきませんか? そして、もちろんを英語も身につけちゃいましょう
!誰がなんと言おうと、やったるわい!

中山 航 本格的に?ブログ始めます!

前のブログでは仕事やビジネスとリンクできないということが分かったので、こちらのブログに引っ越すことにしました(内容は引っ越せない)。正直四六時中仕事のことを考えていたりする(かっこよく言えば、趣味をかねて)のでいわゆる趣味や一般的に思ったことだけを書くわけにはいかなかったんです。

私、中山航は、池袋から歩いて5分(池袋の割りに結構静かな南池袋で、ジュンク堂の近くなんです)のところにLanguage School ~航~を開校しました。苗字を塾名に使う人はいても、名前を塾名に使う人はいないかなと思ってつけてみました(ちょっと、恥ずかしい)。うちで学んだ生徒の皆さんが世界に「航(渡)って」いけるように!という願いもこめています。

来週月曜日4月7日から一週間体験授業をやるのですが、多くの人が集まってくれればいいなと願っています。無料メールマガジンの配布も始めることにしました。何か英語に関して知りたいこと、分からないこと、悩んでいることがある方は是非コメント欄に書いていただければなぁ、と思っています。あ、そうそうTOEIC,TOEFLもUPしました。いままでの予備校の仕事だけだとできませんでしたから、結構テンション上がります!

どちらも、ホームページ:http://www.lswataru.com を見てください。

このホームページはうちの妻と妻の友人が作ってくれたもので(いつも手作り、ありがとう!)力作になっているので是非是非見てください!塾を作るに至った経緯なども載せているのでよろしくお願いします。特に、英語を使って何かしたい!受験、試験だけではもったいない!と思っている人、一緒に考えながら、授業でやる内容も話し合いながら、がんばっていきませんか?

と、今日は、仕事の話ばかり(ていうか、宣伝)を書きましたが、今後はいろいろなことを書いていきたいと思っています。このブログがこれまで自分が出会ってきた人との再会の場、今後出会っていく人とのきっかけの場となればいいなぁ、と思いながら、今日のブログは終わろうと思います。今度こそ、近日中に、写真とかもUPしたいなぁ、ともくろんでいます。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。